メイン画像
訳あり物件とは 訳あり物件とは

「訳あり物件」とは、どういった物件なのかを理解しましょう。

訳あり物件の相続相談 訳あり物件相続相談

ちょっと訳ありの不動産を相続してお困りの方はご相談下さい。

訳あり物件でお困りの士業の先生 士業の先生向け訳あり物件相談

相続案件の訳あり物件でお困りの弁護士、税理士の先生はご相談下さい。

訳あり物件の相続でお困りの方へ

yokozeki訳あり物件の相続相談サイトにお越しいただきましてありがとうございます。

当サイトを運営しております行政書士の横関と申します。

私は宅地建物取引士でもあるので、行政書士の仕事の中でも不動産に関する仕事を中心に活動しています。

相続の案件でお手伝いをさせて頂く際に、相続をした不動産にさまざまな「訳」があって、売却したくても出来なくてお困りの依頼者の方がいらっしゃいます。

不動産にある「訳」には、本当にさまざまな「訳」があります。(詳しくは『訳あり物件とは』をご参照下さい。)

不動産に関しての深い知識と経験がなかれば、なかなか訳あり不動産に対しての適切なアドバイスをすることは出来ません。

しかも、訳あり不動産の場合、一般的には売値が安くなる傾向にある上に、瑕疵説明などのリスクや手間もあるので、不動産業者にとっては「手数料が安くて手間もリスクもある」と感じる物件もたくさんあります。

ですから、訳あり不動産を積極的に扱いたいという不動産会社さんはあまり多くはありません。

不動産会社さんは乗り気ではなくても、「相続後に一刻も早く処分したい」と相続人の方がお困りのケースもございます。

私自身も相続案件の依頼者の方から「訳あり物件」のご相談を頂いた際に困って、訳あり物件に関して適切にアドバイスを頂ける不動産会社さんを探しました。

そして、少しでも、同じように困られている士業の先生のお役に立てればと思い、このサイトを立ち上げるに至りました。

相続案件を受注されて、訳あり不動産でお困りの弁護士や税理士の先生など、お気軽にお問い合わせ下さい。

※大変申し訳ないのですが、現在関西圏内の物件のみご相談をお受けしております。

 

記事がありません。

記事がありません。